FC2ブログ

[取材Stuck]

SS001.jpg
こんにちは(本当はおはようございます)。新しい女優、たえ姫のデビュー作[取材Stuck]を紹介いたします。

SS002_20140728041442c93.jpg
話にはうかがっておりましたが、たえ姫は運転が出来ないのであります。今回の運転は教習以来であると、聞いたような聞かなかったような。でもアクセルを踏むだけですから、何とかなるでしょう。
助手席の三日月姫に指導はおまかせして、私はカメラを雨粒から守りつつ撮影に集中したいところです。ちょっとですね、小雨が降っておりまして、わたしはカメラに手ぬぐいを巻いて撮影しております。

SS003.jpg
一発目から見事なスリップ発進!そうか、アクセルワークが荒いのだな。これはいい映像になりそうだ(笑)

SS004.jpg
お足元はジーンズにスニーカーであります。たえ姫にこのスタイルはよく似合っておりました。三日月姫から私は「ボーイッシュな人」と伺っておりましたので、きっと美川○一さんの様な方が来るんだと覚悟しておりました。ところが、普通に可愛い女性でしたので、逆に驚きました。可愛い女性のこのスタイルは好きですねぇ。

SS005.jpg
スニーカーを脱いだアンヨがこちらですね。「こんな汚いのでいいのかなぁ?」と申しておりました。とんでもない、コレでいいんです。色、デザイン、100点。アクセルが汚くて、たぶん良い具合に汚れた筈ですが、残念ながら、初の女優に「撮らせてくれ」とは言えませんでした。これが多少、心残りではございます。

SS006.jpg
さぁ、方向転換の為、ラグーンのような広場に突入。マッドな地面で坂道発進!シュオ~っと薄い白煙をはきながら、やや長いスリップです。これは片足ソックススタックです。あ、もうスニーカーは履かなかったですね。

SS007.jpg
結局、方向転換は断念。ここまで三日月姫に運転をおまかせいたしました。乗り換える姫たちです。小雨が降っておりますので、慌ててございます。

SS008P.jpg
さて、駐車に相応しい広場を発見いたしました。バックオーライでございます。遠目ですのでお顔にモザイクは無しです。美人である事がお分かりかと存じます。三日月姫と同じ新聞社の方だと思っておりましたが、本職はプロのイラストレーターだと伺いました。

SS009.jpg
まっすぐ停めなさいと言う三日月の指示で駐車やり直し。なんと、ここで大スリップ!ここ、地面がかなりぬかるんでおりまして、まともに発進できません。

SS010P.jpg
彼女達は珍獣を求めてこの地にやってきております。珍獣のいそうな場所なら、時に道なき道を行かねばなりません。でも、上れません。空転に次ぐ空転で、しばらくもがくたえ姫です。

SS011.jpg
珍獣が逃げちゃわないためにも急ぎたいところですが、車は立ち往生しております。

SS012.jpg
これは私が言わせておりますが、夢のような言葉です。

SS013.jpg
三日月姫のアドヴァイスで、ソックスを半分脱いでアクセルを吹かすたえ姫。う~ん、素敵だ。映像では再びスタックしますが、実際には草原に上りあがってしまいました。「え~っ!?これって実は有効なんじゃないのかい?」と、当然半脱げソックスは関係ないと分かっていた我々三人は、この世にはまだまだ知られざる常識があるのではないかと目を輝かせたものです。

SS014.jpg
珍獣を取材するため、車を降りるお二人です。

SS015.jpg
そしてすぐ車に戻ります。

SS016.jpg
立ち往生しないよう、先輩、タイヤに何かを噛ませます。

SS017.jpg
考えましたねぇ~!紙コップですよ。これでテリオスも確実に大地を捉える筈ですとも!

SS018.jpg
ね、こんなんなっちゃいましたが。

SS019.jpg
最後にたえ姫の足元を撮って帰ろうと思いました。三日月にカメラを渡し「足元撮ってきて」と私はタバコを吸いながら車を離れた場所から見ておりました。、姫、どこまでもバックいたしまして私が「お?」と思った瞬間、車は側面の深い溝に落ちてしまいました。

SS020.jpg
指示してないのにドアを開け、後輪を見つめるたえ姫です。

SS021.jpg
車は左側の前輪を溝に落とした状態で、実は緊急事態でした。物語を無視し、たまらず飛び出した私です。はじめ、私は何とかなると楽観的でしたが、テリオスは想像以上に重くてどうにもなりません。

SS022.jpg
車内、三日月姫の回すカメラです。映っておりませんが、私は溝に入り込み、車を持ち上げようと必死です。車はわずかにユサユサ動きますが、とてもじゃないが上がりません。私はようやく気付きました。「テリオス重い」ってね…。
こんな緊急事態にもかかわらず、このたえ姫の愉快なアンヨは、今でこそ笑えます(笑)結局、三日月姫に後部座席の右側に乗ってもらい、私は車の左前部を上げる形で脱出。何年ぶりでしょうか、死ぬほど嬉しかったです。みんなで手をたたいて喜びました。私は運転席で「すみませんでした…」と青ざめるたえ姫と握手しました。「有難う!」と。
今回は運が良かったのです。左側の後輪まで落ちていたらJAFでした。この場所をどう伝えてよいか分からない私は、是非それだけは避けたかったのです。

SS023.jpg
本日大活躍した、たえ姫のお足元でございます。おかげで、ほんとうに楽しい撮影でした(笑)またいつか彼女を起用したいところです。

有難うございました。これまで撮ってきた動画の中で最高の出来栄えとなりました。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top